PropertyValue
rdfs:label
  • ODST battle armor
  • ODST battle armor
rdfs:comment
  • ODSTバトルアーマーを使用する部隊で最も著名な部隊は第105ODST師団である。このアーマーは着用者の体温を一定に保ち、銃弾などの攻撃から着用者を防護するだけでなく、コヴナントのエネルギー兵器で攻撃された際や大気圏突入時に生じる熱から着用者を守る為の断熱効果を発揮するように設計されている。それらに加えて、宇宙空間でも約15分間の船外活動が可能な宇宙服としての能力をも付加されている。 ODSTバトルアーマーは、コヴナント戦争の開戦以来幾度ものバージョンアップを重ねている。現在では当初、スパルタン用のミョルニルアーマーの為に開発された技術も組み込まれている。 This includes CTCs for body armor, titanium and ceramic composite armor plating to give the user added protection - along with HUD and Communications Systems to give more situational awareness to the wearer.
  • The ODST Battle Dress Uniform is the signature piece of equipment used by the 105th Special Forces - the armor is vacuum-rated, capable of Extra-Vehicular Activity for fifteen minutes. The armor provides numerous advantages in the field, including ballistic protection, temperature control, as well as thermal insulation against extreme temperatures experienced during atmospheric entry and thermal protection from Covenant energy weapons.
dcterms:subject
dbkwik:halo/property/wikiPageUsesTemplate
dbkwik:ja.halo/property/wikiPageUsesTemplate
abstract
  • ODSTバトルアーマーを使用する部隊で最も著名な部隊は第105ODST師団である。このアーマーは着用者の体温を一定に保ち、銃弾などの攻撃から着用者を防護するだけでなく、コヴナントのエネルギー兵器で攻撃された際や大気圏突入時に生じる熱から着用者を守る為の断熱効果を発揮するように設計されている。それらに加えて、宇宙空間でも約15分間の船外活動が可能な宇宙服としての能力をも付加されている。 ODSTバトルアーマーは、コヴナント戦争の開戦以来幾度ものバージョンアップを重ねている。現在では当初、スパルタン用のミョルニルアーマーの為に開発された技術も組み込まれている。 This includes CTCs for body armor, titanium and ceramic composite armor plating to give the user added protection - along with HUD and Communications Systems to give more situational awareness to the wearer. この戦闘服は第105ODST師団を始めとする各ODST部隊によって、細かな改良を加えつつも半世紀以上に渡って使用され続けている。ODSTバトルアーマーはUNSCの他の歩兵部隊が使用しているアーマーよりも小火器の攻撃に対する防御性能が優れており、暗所(宇宙空間を含む)や都市部でのステルス性能に優れた黒いボディアーマーは、着用者の生存率の向上に一役買っている。また全てのODST隊員は、左肩にUNSC MED REFパッチを着けている。 このパッチにはその隊員の基本的な医療情報が書き込まれており、UNSCの衛生兵はこれを戦地で負傷したODSTに対する迅速な医療処置に役立てる事ができる。しかしこれら標準的なアーマーよりも優れた利点を有しているにも関わらず、コヴナントのエネルギー兵器や爆発性の武器に対しては、十分な防御性能を発揮できるとは言いがたいようだ。
  • The ODST Battle Dress Uniform is the signature piece of equipment used by the 105th Special Forces - the armor is vacuum-rated, capable of Extra-Vehicular Activity for fifteen minutes. The armor provides numerous advantages in the field, including ballistic protection, temperature control, as well as thermal insulation against extreme temperatures experienced during atmospheric entry and thermal protection from Covenant energy weapons. The ODST Armor has gone through several design changes since the start of the Human-Covenant War. The current version incorporates technology initially developed for the Mjolnir Armor. This includes CTCs for body armor, titanium and ceramic composite armor plating to give the user added protection - along with HUD and Communications Systems to give more situational awareness to the wearer. The ODST BDU has been in use for well over 50 years by the 105th, and remains unmatched in its ability to protect its wearer over other BDUs during the toughest operations. The BDU excels at providing more protection against small arms fire than other infantry body armor, and also excels at allowing a trooper to conduct Military Operations in Urban Terrain without the slightest chance of being detected in dark locations. The BDU's stealth capability is partly thanks to its black and gray camouflage patterns on the legs, boots, gloves, chest, helmet and undersuit - these urban camouflage patterns are optional; without the camouflage panels, the BDU is black. On the left shoulder pad of every ODST is a UNSC MED REF patch. This patch contains basic medical information about the trooper, and allows a UNSC certified medic to gain a quick medical reference to an ODST wounded in the field. Despite the armor's obvious advantage over standard infantry armor, it is still vulnerable to Covenant energy weapons, larger armor piercing rounds, as well as large explosive devices.
is Equipment of
is wikipage disambiguates of